catch-img

人材紹介会社の担当者が語る☆働くなら病院?クリニック(診療所)?

医療事務のお仕事を紹介していると、
求職者から『病院と診療所だったらどちらで働いた方が良いのでしょうか?』
という質問を受けます。


正直言って、職場によって環境や仕事の内容は異なりますので返答に窮するのですが、
個人的な見解を書いてみようかと思います。

あくまでも個人的な意見ですので、参考程度に見ていただけたら幸いです。


【クリニック(診療所)で働くことのメリット】

◆幅広く業務を経験できる
 少人数で業務を行っているので、受付での患者様対応から、医療費の計算、
 レセプトまで幅広く業務が経験できる職場が多いです。

◆医師・スタッフとの距離が近い
 医師や看護師と接する機会も多く、高いスキルが身につきます。

◆休日が多い
 年末年始やお盆休みなど、まとまった休みをとるところが多いです。

【病院のメリット】

◆分業制をとっているところが多い
 業務の範囲が決められているので、仕事がしやすいという声も聞かれます。

◆職員の数が多いので仕事を教えてもらえやすい

◆診療科が多いので、幅広く知識を身につけることもできる

◆産休や育休の制度がある病院も多い


職場によって異なりますので、一概には言えませんが、
上記のようなメリットが挙げられるのではないかと思います。

最後に医療事務の共通のメリットも挙げておきたいと思います。


【共通のメリット】


◆スキルを身につければ全国どこでも転職がしやすい

◆年齢よりも経験やスキルが重視される
 長くお勤めされている方も多いです。

◆失職のリスクが少ない
  一般企業に比べて、圧倒的に倒産件数が少ないです。


いかがでしょうか?

仕事選びの参考にしていただけたら幸いです。



医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!