『医療事務』の実際の各職種の業務内容の違いとは?

医療機関では『医療事務』と言っても実際は幅広く配置されています。

それぞれに業務内容も大きく異なってきます。

今回は医療機関での医療事務のそれぞれの注目してみました!


受付業務

患者様が来院して初めに訪れる場所が受付。最初に与える印象が病院のイメージにつながります。主に、保険証の確認などを行い、カルテに反映される患者様の基本情報を登録。病状に適した診療科をご案内します。


外来クラーク(外来診療科受付)

規模の大きい病院では、初・再診の受付とは別に診療科ごとの受付があります。診察室へのご案内、カルテの準備、検査案内、次回診察予約など、医師や看護師と連携しスムーズに診察が受けられるようさまざまな面からサポートします。


会計業務

診察後、診療内容に沿って医療保険の点数計算をします。多くの医療機関で、医療事務コンピュータや電子カルテが導入され、会計業務は今後もますます電算化が進むと考えられています。計算後は窓口でお会計を行う、または精算機にご案内します。


入退院案内受付

入院前の予約では患者様の希望をうかがい、入院日を調整。入院時には書類の手続きや説明、病棟へのご案内を行います。入院会計では費用が高額となるため、お支払日の前日には請求書を作成します。


病棟クラーク(病棟ナースステーション内事務)

入院病棟のナースステーションで医師や看護師と一緒に働く、医療の現場に近い仕事です。検査伝票、食事、カルテの管理や面会者の受け付けなどを行います。


保険請求業務(レセプト業務)

会計の時に患者様が支払うのは医療費の一部。その残りを医療保険の保険者である自治体や保険組合に請求するためのレセプトを作成します。病院経営に関わる重要な仕事です。


いかがでしたでしょうか?

医療事務と言ってもその業務は受付のみならず、幅広く活躍が出来る職種となります。

皆さんはどの職種に興味を持たれましたか?

医療事務での就業を考えている方も是非参考にして下さい😊

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!