catch-img

【病院orクリニックどちらで働く?】  未経験から医療事務で働いてみたい!  病院とクリニックどちらで働いたらいいのかな…?

そんな疑問を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

まずは病院とクリニックの違いをおさらいしましょう!


病院
病院は20人以上の患者が入院できる医療施設
クリニック

クリニック・診療所とは入院施設を有さない医療施
またはまたは19人以下の患者が入院できる医療施設


患者様の人数も大きく異なるのでスタッフの人数・仕事内容にも大きな差が!

病院スタッフの配置人数の条件として…

医療法によって医師や薬剤師・看護師(准看護師含む)・看護補助者・栄養士などについて明確な配置基準が定められており、この配置基準は一般病院や特定機能病院・病床区分・外来によって異なりますが、クリニックや診療所には必要なスタッフ配置の条件は、医師や看護師の数は特に定義はありません!


それでは、本題です!それぞれに働く際の違いはあるのしょうか?


働く上でのそれぞれのメリットの違いとは?


病院で働くメリット

★ 患者様が多い分、スタッフの人数も多いので仕事でわからない時に教えてくれる人がたくさんいる!

★ 業務が部署ごとに細分化されていることが多いので、比較的未経験からスタートしやすい!

★ スタッフの人数が多いので比較的お休みが取りやすい場合もある!

★ スタッフの人数が多いので苦手なスタッフがいても、他もスタッフがいるので気が紛れる!


クリニックで働くメリット

☆ 休診日が定められているので休みの予定が立てやすい!

☆ 受付から会計・レセプトまで医療事務の一通りの流れを全部経験することができる!

☆ スタッフの人数が少ないので付き合う幅が狭くて済むため、働く仲間と気が合えば和気あいあいと仕事が出来る!

☆ もし転職する際もクリニックでの経験が評価されやすい場合もある!



あなたはどちらで働きたいですか?



いかがでしたでしょうか。

今回は、『病院とクリニックの違い』について主にお伝えしました。

同じ医療事務のお仕事でも病院・クリニックで様々な違いがあることがお分かりいただけたましたでしょうか?


まずはあなたのワークライフバランスやご自身の性格などに合わせて、どちらでのお仕事がが向いているのかを考えてみるといいですね♪




https://ijiwork.com/area/chibahttps://ijiwork.com/area/chiba​​​​​​​


医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!