上司や先輩への報告で大切にすべきことは?相手の時間を奪わない心遣い~報連相の報告編~

新人時代にやたらと「報連相」という言葉を耳にしましたが、あなたは「報連相」の意味を理解して活用できていますか?
「報連相」の目的は、組織やチーム内で情報共有の促進をして、仕事の効率や生産性の向上を図ることです。
報連相が円滑に行われている職場こそ、成果に反映されます。

「報告」とは、上司や先輩からの指示に対して、その経過や結果を知らせることです。
実は仕事の中で一番難しい業務かもしれません。
なぜなら、「忙しい上司にこんな些細なことを報告していいのか…」、「なんでもっと早く報告しなかったんだ!?」など報告のタイミングを計るのって意外と難しいですよね。

しかし、自分にとっては些細なことでも、上司や先輩にとっては知っておきたいプロセスの一つかもしれません。
上司や先輩は部下の仕事の進捗状況を知りたいけれども、自ら聞くことで、部下のやる気が下がってしまったり、プレッシャーをかけてしまったら申し訳ない、とジレンマに陥っている場合もあります。
?
実は、どんなときでもあなたの「報告」を待っています。

とはいえ、やはり上司や先輩はあなた以上に忙しく、仕事に追われています。
だからこそ、時間を取らせない報告をするために、以下の3つを心がけて報告してみましょう。

1、素早く
2、簡潔に
3、こまめに

また、報告をするタイミングには次のようなものがあります。

・指示された仕事が終わったとき
 ・長期間の仕事やプロジェクトの進捗状況を知らせるとき
 ・新しい情報を入手したとき
 ・業務遂行中にトラブルが発生したとき

ミスやトラブルなど、自分に不利なときこそ、「素早く、自ら進んで報告」しましょう。
こまめに進捗を報告することにより上司も状況がわかるので、その際に的確にアドバイスをくれます。
また、情報共有が円滑におこなわれていれば、安心してあなたに仕事を任してくれるはずです!
「気がきく」報告を心がけましょう!!

次回は、報連相の「連絡」についてお伝えします。

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!