catch-img

何を見られている?何を聞くのが正解?面接で困る”逆質問”の正解とは

みなさんこんにちは。
今回は面接が苦手な方必見!

先方からの質問でしどろもどろしてしまうことがないようにお伝えします。


「弊社について何か質問はありますか?」

そんな面接官からの質問に上手く答えられなかった……という苦い経験をされた方も
いらっしゃると思います。本当に何も気にならず特に聞くこともなかったのでしょうか。

逆質問も面接の一部です。

その返答次第で、合否が決まることだって珍しくありません。
そう言うとプレッシャーを感じるかもしれませんが、裏を返せば、
逆質問の正しい答え方さえ知っておけば、上手くいき、ライバルと差をつけて自分をPRすることができるチャンスだと思ってください!

そこで今回は、面接官が逆質問をする理由も交えて、
面接官に自分の「やる気」や「長所」をアピールする方法をお伝えします。


面接での答え方

「何か質問はありますか?」を聞かれる理由


逆質問をするのには大きく分けて3つ理由があります。


1つ目は、求職者の意欲を知るため

自社の志望度がどれくらいなのかを知るために、逆質問をしているケースは多いです。

志望度が高い企業であれば、ホームページや求人などで下調べをした上で、質問できるように準備しているはずだからです。

質問をしないことで「会社について興味がない=志望度が低い」という印象を持たれてしまう可能性もあります。勿体無いですよね!


2つ目は、コミュニケーション能力を確かめるため

逆質問は応募者からの自発的な発言が求められます。
自分の考えを上手くまとめて的確に質問できるか、会話をスムーズにできるかといったところに注目されています。


3つ目は、社風との相性を見極めるため

逆質問は自由に自分をアピールする機会です。

自由度の高い質問ですが、何でも聞いていいわけではありません。
中には、面接官に悪い印象を与えてしまう質問もあります。

以下のような内容は気をつけましょう。

1.ご自身で調べて分かること

2.面接官がすでに話したことを再度聞く

3.会社や仕事内容のことについては一切触れず、給与や休日、残業時間、有給の取りやすさなどに
 ついて質問する


こんな煩わしさもありますが、逆質問の良さは、初めから唯一前もって用意ができること

そう考えると、ご自身が行きたい先をきちんと調べた上で何を聞こうか楽しくなってきませんか?


逆質問を味方につけて良い就職先に皆様が出会えますように心から応援しています!!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!