catch-img

かしこい転職の勧め方とは?

現在転職を検討している方も多くいらっしゃると思います。

では具体的にどのように転職活動を進めるのが良いのでしょうか?

中途採用の求人を探して応募を検討している方もいれば、現在の仕事を辞めてから転職活動に

専念しようと考えられている方も多いでしょう

しかし、どちらも進め方が良くないとなかなか上手く行きません!

ここでは、転職活動の正しい進め方について解説していきたいと思います★


在職中に仕事と転職活動を両立させるコツ


転職をする際には、在職中に転職活動をして内定が決まってから現在の仕事を辞めるという順番

が本来は望ましいかと思います。

現職と転職活動を上手く両立させるコツは…内定が正式に決まるまでは上司や同僚に話さないで

おくことです。

また在職中に転職活動をする際には、時間の使い方が大事です!

応募したい求人が見つかった、履歴書や職務経歴書などを作成しなければなりません。

転職活動というと、面接がメインの活動になりますが、その下準備としての書類作成にも時間が

かかります。

そのような作業は休日だけではなかなか進まないため、出社前や通勤中、昼休みなどの時間も

使うこともおすすめします。

可能な場合は、勤務中の空いた時間を利用するのもいいでしょう。

その際に注意しなければならないことは、上司や同僚に知られないように十分配慮しましょう。

面接に行く際には有給休暇を取ることもありますが、転職活動とは別の理由を考えて

おきましょう。

また面接で手応えが良かった場合でも、正式に内定を得るまでは上司や同僚に話しては

いけません。

正式に内定を得てから退職届を提出します。


面接等に伺う場合、在職中であることは応募先企業の人事担当者もしっかりと考慮してくれる

ところも多くありますので、都合が付かない日を提示されたらすぐに有給休暇を取ると決める

のではなく少し先方と交渉してみることもおススメします。

一方で、企業によってはなるべく早い入社を望んでいるところも多いです。

特に急募ということを強調して求人募集している企業だとその傾向が強く見られます。

在職中に転職活動をするのであれば、急募ではないところに応募するのが無難でしょう。

仕事を辞める場合には引き継ぎをするのに1ヶ月程度は必要となります。


転職活動をする時間を確保するのが難しい場合には


現在の仕事がかなり忙しく転職活動をする時間が確保できない方もいらっしゃることでしょう。

残業が多すぎることを理由に転職を検討する人も少なくありません。

転職活動に割く時間が確保するのが難しいのであれば、紹介会社などを利用する方法が

おすすめです。

紹介会社を利用すれば、経歴などを参考にして希望する条件にできるだけ合う求人を探して

もらえます。

自分でたくさんある求人に目を通して探すよりも手間が少なくて済み、希望に合う求人も

見つかりやすいでしょう。

履歴書や職務経歴書もキャリアドバイザーがチェックしてくれるため安心です。

面接の際にどのような姿勢で臨めばいいのか、質問に対する回答などなども指導してもらえます。

面接日の交渉などもキャリアドバイザーが調整を行うので安心です。

転職活動をしてもなかなか内定を得られない場合には、自分では気付かない点が理由で

落とされていることが多いです。志望動機や自己PRが弱い人もいるでしょう。

紹介会社などを利用することで、適切なアドバイスを受けられます。

きっと採用される確率もグンと上がることでしょう!

転職活動をする上で不安なことを相談したり、分からないことを聞いたりすることも出来るように

なります。


まずは第一歩を踏み出すところから始まります!

あなたらしく輝ける場所を探してみませんか?

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!