子持ちで転職したい女性必見! 子持ち転職に成功するためのコツとは?

~子持ち主婦が転職する前に考えておきたいこと~


1.優先順位を考える

転職する前にはまず優先順位を考える必要があります。

仕事を始める前に比べて仕事を始めると家庭に避ける時間は確実に減ってしまいます。

その中でどの程度家庭の時間を確保したいのか、また収入としてはどれくらいほしいのかなどを

ひとつひとつの優先順位をご家庭で決めておくことが必要です。

また子持ち主婦の転職は、独身時代に比べて求人数もどうしても少なくなってきてしまうのは

事実です。    

その中でどこは妥協してもいいのか、どこが譲れないのかを自分の中でしっかりもって求人を探す

ことが後悔のない転職をする成功の鍵となります!

2.夫との家事の分担をする

保育園の送り迎えや毎日の掃除洗濯食事などの家事を、働きながらすべて女性がこなすのは

不可能です。

そのため、転職を機会に夫としっかり家事の分担について話し合いましょう。

その上で家庭での自分の役割と両立できそうな仕事を選ぶことで、転職後の夫とのトラブル回避に

も繋がります。

3.女性が活躍している職場を選ぶ

女性が活躍している会社は、女性が働きやすい環境が整っている可能性が高いです。

育児中の保育園の送り迎えや子どもが病気になった際なども理解ある対応をしてくれるでしょう。

具体的な判断基準としては、女性管理職の比率や有給休暇取得率、育児休業取得率などが参考に

なると思います。

それらは企業のサイトや会社の口コミサイトなどから調べられるので、

応募する前に調べてみるといいでしょう。

4.面接時によく聞かれるであろう質問への対策を事前に練っておく

子持ちの転職では面接でよく聞かれる質問をある程度想定しておきましょう。。

「子供が急に熱を出したらどうしますか」

「仕事と家事はどう両立するつもりですか」

「周囲の協力は得られますか」など…

会社からしてみれば子持ちであるための時間の融通の問題は大きな点となるので、

そこにしっかり答えられるかで印象が大きく変わります。

具体的には、たとえば「子供が熱を出したらどうするか」などの質問に対しては、

「お休みします」ではなく、「両親が近くに住んでいるのでいざという時は基本的にはサポート

してくれることになっています」などと答えられれば、面接官も安心するでしょう。











医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!