catch-img

【仕事のビジョンと自分のビジョン】なりたい自分を想像して…

女性の誰しも一度は、『転職』について考えます

多くの方が、自分の将来を考えた時に、『私は今のまま仕事を続けていいのかな…』と立ち止まるのではないでしょうか。

執筆者も前職では、毎日残業で帰宅が23時や24時、また出社時間も7時半過ぎには仕事をしているということが当たり前で、職場と自宅の行き来で1日が終わる日々でした。

毎日電車の中で、『今の状況がずっと続いても結婚や出産ができるのかな。もし、生涯独身で居たとしても、60歳の定年までこの生活を続けていかないといけないのかな…。』
と不安な気持ちでいっぱいでした。

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、
転職を考えた時に、『自分のなりたい姿』をみなさん想像できていますか。


​​​​​​​

自分は将来こうしていきたいという、道筋がないと転職を繰り返す結果になってきてしまいます。

20年後の将来でなく、3年後、5年後、10年後とステップを踏んでいいので、自分の将来を想像してみて下さい。

将来を想像し、自分は何を優先したいのか整理した方が、その後の就職活動がスムーズになります。
また、会社のビジョンと個人のビジョンがより一致している方が、仕事の定着に繋がるそうです。

ちなみに執筆者は、優先したいことを3つに絞りました。
①時間:ただ、ダラダラ働くのではなく、ワークバランスを実践しながら、効率的に働くことのできる会社
②安定:将来を見据えて女性がイキイキと働ける環境の職場。
③やりがい:仕事とプライベート両方を両立させたいので、言われた業務をただやるのでなく、自分で考え行動ができる職場

将来のビジョンが見えてくると、面接の際の志望動機も明確に考えが浮かび上がります。

1日の大半は、仕事の時間という方が大半ですよね。
仕事が充実していないと、プライベートの時間も引きずってしまい、友達と会っても会社グチや日曜の夜が憂鬱など、ずっと仕事のことが頭から離れていない状況になってしまいますよね。

そうすると物事をネガティブにしか捉えられない傾向になってしまい、将来のビジョンに対しても卑屈になってしまいますよね。

先のことなんてわからないと思う方もいらっしゃると思いますが、あなたの人生で必ず役に立ちます。

もし、具体的なビジョンが浮かばないのであれば、今やることから将来を組み立てていくのもいいかもしれません。

人生100年時代と言われる現代ですが、100歳まで生きると仮定して、
『自分のなりたい姿』について一度じっくりと時間をかけて将来設計してみると、
明日からの生活や考え方も変わるかもしれません。

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!