catch-img

あなたは医療事務に向いている?適正チェック!

医療事務は現在も女性に根強い人気の仕事となっています


しかし人気の仕事だからといっても、自分に向いているとは限りませんよね?

人それぞれに性格的な向き・不向きや得意なこと・不得意なことがあり持っているスキルにも差があります。

自分が医療事務に向いているかをチェックしてみませんか?

医療事務の仕事で活躍するためのスキルについても解説しています。

医療事務への就職・転職を考えている人必見です!


それではここからは実際に医療事務として活躍するための必要になるポイントについて

ご紹介します★

実際に医療事務として現場で必要なスキルとは


1.    コミュニケーション能力

病院の受付・会計など患者様やそのご家族と接することが、主要な業務とも言えます。

そのため診療前の受付や診察を終え帰られる際・退院する際などに患者様そのご家族から

「ありがとうございました」「お世話になりました」などと、直接感謝の言葉をかけてもらえる

機会もあります。

「誰かのために役に立つ仕事をしたい」という想いがある方には医療事務という仕事に大きな

やりがいを感じることが出来るお仕事でしょう。


2.    ホスピタリティの心

患者様やそのご家族の方は美奈さん、多かれ少なかれ身体や心に不調・不安を抱え、精神的にも

不安定な状況でいられる方が多いです。

このような痛みや不安を理解した上で、その方ひとりひとりに合わせた応対が出来るホスピタリテ

ィが医療事務という仕事には求められます。

ただし患者様やそのご家族の方に共感しすぎてしまうのもお仕事自体がつらくなってしまう可能性

もあります。

精神的に不安定であるために、患者さんやその家族が理不尽な要求をしてくることもあります。

病院で働く以上、死という非常に精神的な負担の大きい場面に接するケースも考えられます。

全ての人に対して感情移入をしてしまうと仕事から受けるストレスが大きくなりすぎて、

長く続けられなくなってしまうこともあります。

「仕事をプライベートに持ち込まない」という割り切りの良さが長く医療事務として長く活躍して

いくには必要になります。


3.   個人情報取り扱いへの意識

誰がどのような病気にかかっていて、治療を受けているのかという情報は、非常に繊細な個人情報

となります。

勝手に他人に漏らしては絶対にいけません!

知り合いの方が来院されたり・有名芸能人が来院されることもあるかも知れません。

その際もつい意識が緩みがちになることもあるので十分に注意するようにしましょう。


4.  基本的なパソコンスキル

医療事務の仕事では毎日使用することになるのが「レセコン(レセプトコンピューター)」と

呼ばれるレセプト作成用のソフトや電子カルテです。

基本的な内容は患者様の保険証等の情報やドクターの情報・傷病名・実際に行われた診療内容など

を会計用伝票やカルテに沿って入力していきます。

医師事務などになるとWord(ワード)やExcel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)を

使った業務が発生することもありますが、医療事務のメインとなることはほとんどありません。

一般事務等でご就業されていた方であれば医療事務の仕事は十分にこなすことが出来るレベルに

なります。

ただ、レセプトコンピューターや電子カルテの細かな操作方法は使用するメーカーにより異なりま

ることも踏まえると多少慣れるまでには初めての方もご経験のある方も時間が必要なこともありま

す。


いかがでしたか?

医療事務は専門性の高いお仕事になりますが、それに伴いやりがいや魅力も多く、

一生もののスキルを身につけることが出来ます!

女性のライフスタイルに合わせた勤務が可能になるのも女性からの根強い人気に繋がるポイント

になっているようですね★


現在のお仕事や日々の生活の中で物足りなさを感じている方、医療事務の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!