これで安心♪面接で気をつけたいメイクのポイント!面接官はここを見ています♪

医療機関の面接官は、第一印象として『清潔感がある方』を重視しています。
清潔感=ノーメイクOKと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
ノーメイクはビジネスマナー的に基本NGです。

では、どれくらいがベストなのかわからなくなる方もいらっしゃるかと思います。

あくまでも面接官があなたを見た時にどう印象を受けるかが鍵になります!!
今回は、意外とみなさん見落としがちな面接時に気をつけたいメイク・髪型についてお伝えしたいと思います。


①メイクについて


まず、つけまつげ、まつげエクステ、カラコンは基本NGです。
ファンデーションは、肌の色と合うものを選び、顔と首の色が違わないように注意しましょう。
また、クマやニキビは隠し、健康的に見えるようにしましょう。

アイシャドウは、ベージュやブラウン系を選びましょう。
ブラウン系でも濃くならないように気をつけてください。
※ブルー・パープル・グリーン系は絶対にやめておきましょう。

アイラインは目をぐるっと囲ったり、目尻を跳ね上げて描くのはNGです。
ペンシルタイプのアイライナーの方が、自然な仕上がりになるので、ペンシルで描いて綿棒でぼかすようにしましょう。

マスカラもブラックでパンダ目にならないように、ウォータープルーフ製品を選びましょう。
ボリューム感よりナチュラル感を重視して、ダマにならないように薄めに塗りましょう。
下睫はなるべく控えてください。


アイブロウ(眉毛)は、太すぎるのも細すぎるNGです。
アーチ型の眉が自然に見えます。


チークは、ピンクかオレンジがオススメです。
濃くならないように注意しながら、頬の1番高い位置を中心薄く入れましょう。
顔に塗る前に1度ティッシュで軽くチークをふき取ると薄くなりますよ。

リップは1番見落としがちですが、何もつけないのは逆に顔色が悪く見えたり唇がガサガサだった場合に不健康に見れるので基本NGです。
またグロスも艶が出すぎてしまうので、やめておきましょう。
赤も派手なイメージになるのでNGです。
健康的に見えるベージュ・オレンジ・ピンクがオススメです。


②ネイルについて


近年オフィスワークでもジェルネイルOKな職場が増えましたよね。
ジェルネイルをすることによって、パソコンのキーボードを打っているときに可愛いネイルが見えて仕事へのモチベーションが上がるという意見も聞いたことがあります。

ただ、残念ながら医療機関ではネイルは殆どの職場が絶対NGです。
医療事務でジェルネイルをしたい。と考えている方は、仕事が見つからない可能性もあるので、
医療機関でない職種を選ばれた方がいいですね。

③髪の毛について

女性の皆さん髪の毛についてが一番気になるポイントですよね。
特に髪の明るさの判断がつかないのではないでしょうか。

業界や会社によって判断が異なりますが、一般的には8トーンまでが限界ですが、
医療機関は清潔感や仕事に対する真面目さを求めます。
黒髪が無難ですが、もしカラーをしている方も6トーンまでが望ましいと思います。

また、あまり早く染めると落ちてしまう可能性があるので、3日前から1週間前の期間でカラーしましょう。

ロングヘア―の方は、ゴムでひとつにまとめると知的で爽快な印象になります。
耳より高い位置は落ち着きに欠ける印象を与えてしまうため、耳と同じくらいの髙さで結ぶのが良いでしょう。
夜会巻きは航空会社や化粧品の販売員でしたら問題ないですが、ゴージャス感が出てしまうので、医療機関では避けましょう。

また、表情がはっきりと見えるように前髪を左右に流すか中央で分けるようにしましょう。
ヘアピンで髪の毛を固定する場合は、ピンは派手なものは避け、アメピンを使用しましょう。




面接は、企業とあなたとをつなぐ大切な場です。
あなたのこれまでの経験とこれからのビジョンをプレゼンテーションする時間なので、
転職を成功させるためにも、素敵なメイクで面接に挑んで下さい。

医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!