catch-img

医療機関で安定して働きたい方に必見!病棟看護助手はIT化してしまうのか?!

こんにちは。
今回は『看護助手』のお仕事についてです。

看護助手と聞くと『大変』、『キツイ』といったイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、看護助手は患者さんと"寄り添う"気持ちが大切なお仕事です。
むしろ寄り添う気持ちさえあれば結果良いお仕事ができること間違いなしです。


資格や経験がなくても出来ることから若い方から、子育てをひと段落した方にもとても人気のあるやりがいあるお仕事です。

医療行為に携わることはできませんが、看護師さんのサポートや患者さんのお世話をしたりと、医療現場には欠かせない存在となっています。


仕事内容は病院によって様々ですが、入院患者さんのお食事の配膳から身の回りのお世話、車椅子やベッドで検査室へ行ったり、時に患者さんのお話を聞いたりするのも大切なお仕事です。

また、病院によっては介護の資格やホームヘルパーの経験を生かして入浴やお食事の介助をして働いているという方もいます。

身体介助は看護師が全て行なっているという病院もあるのでご自身でどこまで携わりたいかで決めることもできます。



看護助手の魅力

患者さんの身の回りのお世話をし、より身近な存在になる為、ご本人やご家族に感謝されることが多いお仕事です。

退院時は、本当の家族のように嬉しい気持ちになれるとてもやりがいを実感できることでしょう。

そして自分自身のいざという時、役立つ知識、両親の介護時にとても役に立つ『学べるお仕事』でもあります。

また、患者さんにとって、長い時間顔を合わせる身近な存在となるため、治療の不安や悩みを打ち明けられる心強い存在です。人の役に立ちたいという気持ちがある方や、思いやりのある方にとって、充実感のある仕事と言えるでしょう。


世の中がIT化していく中で、医療業界でもAIの導入が注目されていますが、ぬくもりある看護助手は残っていくお仕事のひとつだと言われています。

そんな素敵なお仕事に携われたらまた違う自分への発見に繋がるかもしれません。


『人生100年時代』あなたはどんなお仕事に就きどんな人生を送りたいですか。


医療事務の求人情報

医療事務求人ドットコムなら
全国10,000件以上の圧倒的な求人数で、
病院への転職、クリニックへの転職をサポートします!
あなたにぴったりの求人情報が見つかります!